ランキング 撮影日和 - 2010年04月04日

Home > 2010年04月04日

2010年04月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

なぜ写真を撮るのか? 結婚式から感じるその3

今日は茨城美少女図鑑Vol.2の先行配布会!
だったんですが、僕は本日前橋へ。
はい、ウェディングの撮影です♪
先行配布は明日もやりますのでぜひ。

と、いうことで、先行配布会は、プロデューサーと編集長と、モデルさんへおねがいして、
いってきましたアメイジンググレイス←式場

今日のお二人は、前に担当したお客様からの紹介いただいたかたなんです、うれしいですね。

この二人実は、耳が聞こえなく、話す事ができません。
ご友人も、同じような方が多いです。でも、みんな笑顔なんです。そして前向きです。
声に出せない分、身振り手振りで、表情で、自分の感情を目一杯表現するんです。
なんだか、今を本当に一生懸命生きているんだろうなとおもいました。

そして、プランナーさんはじめ、式場スタッフのみなさん。
そんな二人のために、手話を覚えてました。牧師先生と、聖歌隊に関しては、挙式中手話をいれて式を行い、聖歌を歌ってました。みんなが、二人のために一生懸命なのがわかりました。

すごくいい式場だと思いました。

毎回思う事ですが、この仕事をしていて本当によかったと思います。
いろんなことに気づかされます。


なぜカメラマンになったのか、

と、このブログに書いてましたが、

写真を撮る事の醍醐味って、いい写真が撮れたって事だけではないと思うんです。

今日の結婚式にしろ、
大自然の壮大な風景にしろ、
人の幸せな時にしろ、

その瞬間にリアルに立ち会えた事にあると思うんです。

そんな瞬間、そうそう出会えるものではありません。
その瞬間は二度ときません、
今その時、その場に入れた事。
それが、写真を撮る事の面白さだと思います。




Home > 2010年04月04日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。